スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

シャネルのミラーが安いに興味があります

先日、ぶらりと本屋さんに立ち寄ったら、小説「マチネの終わりに」が目に留まりました。
作家は芥川賞作家としても有名な平野啓一郎さんですが、哲学系の雰囲気が漂っているので難しいイメージがありました。
しかし大人向けの恋愛小説であり、今後映像化されることを知ってからは興味を持つようになりました。
そこで購入したところ、激しい愛ではなく、大人だからこそ節度を持ちながらも心の中では愛情をあたためているというストーリーだということがわかりました。
主人公の二人はお互いにひかれあいながらも、周囲の様々な事情で結ばれることがなかったのですが、その後も再会をしたり離れることができない状態が続きます。
恋愛小説では、不倫などがテーマになることが多いですが、この小説はそういう倫理的に反しているのではないところが、よりリアリティを感じさせてくれるのではまってしまいました。
映像化されることが発表されてキャストも決定しましたが、有名な俳優と女優さんなので、小説を読みながら脳内変換をする楽しみがありました。
大人向けの恋愛に真っ向に挑んでいるところがすがすがしくて、もう恋愛はしなくていいと諦めた人もまた恋をしたくなるのではないかと感じます。
まだ「マチネの終わりに」を読んだことがない友人もいると思うので、是非進めたいと考えています。
それからシャネルのミラーが安いに興味があります。
鏡を凹面に曲げると、影像を拡大して映し出すことが出来る仕組みになっています。
拡大鏡面の使い方は、最初に顔を鏡に近づけてから、少しずつ焦点の合うところを見つけて利用するとさらに見やすくなりますよ。
シャネルのミラーは湾曲度が多くなるほど、焦点距離が短くなります。
そのため、アイメイクに集中して長く見続けると、目が疲れてしまったり、長時間見ると気分が悪くなってしまうこともありますので、気をつけてくださいね。
シャネルミラー安い
 

JUGEMテーマ:日記・一般

スポンサーサイト

コメント